ものづくりITソリューションカンパニー CAD/CAM/CAEシステム

 

Cimatron プレス金型 要素解析及び専用機能でトライアンドエラー軽減

ユーザの経験と判断を活用するための融通性を維持しながらも、生産性を向上させるために必要な自動化ツールを提供し、金型精度の向上、コスト削減、ストリップ設計サイクルの短縮を実現します。 順送プレス型セットアップウィザードでは、適切なパラメータの定義を行う際に、プロンプト表示によって、プレス型ドキュメントのセットアップを支援します。ストリップパーツには、ストリップ自身、パンチ、順送コピー、パンチ/トリム、複合曲線、ミラーコピーなどのすべてのストリップ操作を含みます。



ダイ圧力測定
各パンチにおける圧力を視覚的に確認することができます。

ダイセット設定
各種カタログパーツから簡単に設定できます。セットアップダイアログによりサイズの変更にも柔軟に対応可能で、カスタマイズ性にも優れています。

トリミングパンチ設定
トリミングパンチの作成側(ストリップ上部、ストリップ下部)、深さ、各種オフセット等を設定できます。

パーツの予備解析

パーツの予備解析を行います。ブランクサイズ、板厚、安全領域(しわ、ひずみなど)、ストリップサイズなど、見積りに必要な情報を取得します。その後、ブランク機能などを使用して3Dモデルのフラットパターンを作成し、最終パーツの初期フォームとしてストリップ上に配置します。


最大利用率の最適角度

板厚ひずみ解析

安全領域解析

成形ツール

ストリップ上に配置される予定の成形形状(中間形状)を作成します。プレス型の成形形状の作成順序は非常に柔軟です。各種成形ツール(曲げ、展開など)を使用して3Dモデルから成形形状を作成します。


ローカルブランク

バインダー上のブランク

絞り展開

ダイプレート補正

勾配角度による拡張

つば長さコントロール

統合的な有限要素解析

Cimatronの有限要素解析(FEM)は、高度なアルゴリズムで迅速にパーツ形状を解析できるので、発生しうる不正な結果を予測できます。その為、設計者は、試作製作の前に問題を修正することが可能です。高精度なパーツ解析を提供することにより、材料の厚みや割れ、しわを正確に把握し、製品の成形性や品質の向上を図ります。


スプリングバック解析

スプリングバック変形

      

スプリングバック解析紹介動画【英語ナレーション付】


AutoFormアプリケーションとの統合

典型的なダイデザインプロセスには、成形形状の作成、トリム最適化、スプリングバックの影響など、希望の結果を得る上で考慮するべき様々な要因を解析し、試行錯誤が繰り返されます。 その課題は、AutoForm社と共同開発されたAutoFormProgSimが統合されることにより解決されます。

AutoFormアプリケーション統合紹介動画【英語ナレーション付】

各種お問い合わせ

CONTACT

お電話でのお問い合わせ

  • ◆関東営業所

    048-733-7011

  • ◆名古屋営業所

    052-819-4500

  • ◆大阪営業所

    06-6388-3311

  • ◆広島営業所

    082-292-1331