ものづくりITソリューションカンパニー CAD/CAM/CAEシステム

 
製造向けCAD/CAM/CAEシステムのセイロジャパン > メディア > 導入事例 > 株式会社キッツ様【流体制御機器・装置メーカー】

Cimatron導入事例│製造業向けCAD/CAM/CAEシステムのセイロジャパン

株式会社キッツ様【流体制御機器・装置メーカー】

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社キッツ様【流体制御機器・装置メーカー】

大幅なリードタイム短縮・コスト削減効果を目指してCimatronEにシステム更新、多大な成果を挙げる

バルブをはじめとする流体制御機器・装置の総合メーカーである株式会社キッツでは、金型の一部内製化を目指してセイロジャパンよりCAD/CAMシステムΦ(ファイ)STATION(CimatronIT)を導入。その後次第に開発試作品への適用が増加し、これに対応するべく新世代のCimatronEに更新した。ソリッド・ベース、設計履歴の保存、製品イメージの表現性などの特長を最大限に活用し、スピード化する市場環境に即応する体制を実現している。
キッツは1951年の創業以来、バルブを中心とした流体制御機器・装置の総合メーカーとして、産業の発展や快適な生活空間の提供に貢献している。主力製品であるバルブは上下水道・ガスなどのライフライン系をはじめ、鉄道・工場・ゴミ処理・ビル・空港・公園など社会のありとあらゆる分野で活用されている。


バルブ事業部技術本部
試作グループ長 高島江 氏

ソリッド・ベースのためアセンブリ関係の処理が的確

「当社では製造に多くの金型を使用しますが、この金型の一部内製化を目指してセイロジャパンよりCAD/CAMシステムΦSTATION(CimatronIT)を1996年に導入しました。その後治工具や開発試作品の設計・製造にも適用の幅を拡大してきましたが、次第に開発試作品への適用が増加し、このため一段と高性能なCAD/CAMシステムを導入する必要性が出てきました」とバルブ事業部技術本部試作グループ長の高島江氏は語る。


バルブ事業部技術本部
試作グループ主任 清水靖 氏

折しもセイロジャパンではCimatronITの後継製品であるCimatronEをリリースしていた。キッツでは早速この新世代CAD/CAMシステムを検証、前にも増して大きな効果が見込めると判断して導入を決断した。
「最大のメリットは、CimatronITがサーフェス技術に基づいていたのに比べ、CimatronEはソリッド・ベースの製品であることです。サーフェス・ベースではアセンブリ関係の処理ができませんが、ソリッド・ベースならそれが可能になるため、組立の際の不具合などをスピーディーかつ的確に検討することができます。また製造現場へ組立情報をスムーズに渡し活用することができます。さらにアセンブリ機能を活かして、組立手順書を作成し製造現場に示すことも可能になります。このためアセンブリ関係の工数は以前に比べて約5分の1に削減することができました。CimatronEは強力なブーリアン演算機能を備えているため、データ処理はかなり自動化されており、作業はきわめて快適ですね」と試作グループ主任の清水靖氏は語る。

顧客に対する製品のタイムリーな供給に大きく寄与

試作グループは製品の品質向上・製造の効率化などを大きく左右するカナメの位置にある。この重要な責務を遂行するのに、CimatronEは大きく貢献している。
 「ソリッド・ベースであるため、切断面などを容易に作成でき、設計の検証をよりすばやく確実に行えるようになりました。これにより後工程まで問題点を引きずることがなく、手戻りを大幅に低減することが可能になっています。これはリードタイムの大幅な短縮はもちろん、コストの削減、作業の負担軽減にもつながっていますね」と清水氏は語る。


製品の一例。金型技術ノウハウの結晶

設計プロセスの履歴が残せるのもCimatronEの見逃せないメリットである。設計履歴が保存されるため、設計に不具合があった場合、履歴をたどって問題箇所を発見し、そこを修正するだけでいいため作業はスムーズに進む。
「最初から設計をやり直す必要がありません。バルブ製品などは設計変更の必要が頻繁に起きますが、これにも迅速に対処することができます。これは顧客に対する製品のタイムリーな供給に大きく寄与していますね。あらゆる面でスピードが要求される現代、CimatronEはいまや頼りになる武器になっているといえるでしょう」と高島氏も信頼を寄せる。

データ処理に取り組む
CADオペレータの小林由里さん

「CimatronEはとにかく使いやすいですね。押し出し(スイープ)や回転などの操作がものすごくスムーズに行えて快適です。設計情報をソリッドとして認識してくれますから、確認がしやすいのです。エラーが出にくくなったのも嬉しいですね。作業負担が減って時間的に余裕が出たので、新しい技術知識の習得などに時間を有効活用していこうと思っています」とCADオペレータとして活躍する試作グループの小林由里さんは語る。
製品データをイメージとして伝達しやすいため、新製品のイメージデータを営業に渡し、販売促進に役立ててもらうなどのアクションもとりやすくなったという。またCimatronEは5軸加工まで対応しているため、将来は多軸加工にも適用していきたいとキッツでは考えている。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

各種お問い合わせ

CONTACT

お電話でのお問い合わせ

  • ◆関東営業所

    048-733-7011

  • ◆名古屋営業所

    052-819-4500

  • ◆大阪営業所

    06-6388-3311

  • ◆広島営業所

    082-292-1331