ものづくりITソリューションカンパニー CAD/CAM/CAEシステム

 
製造向けCAD/CAM/CAEシステムのセイロジャパン > メディア > 導入事例 > 【活用事例】Handyscan700 > 【活用事例】HandySCANを活用した金型製造ソリューション

【活用事例】HandySCANを活用した金型製造ソリューション│製造向けCAD/CAM/CAEシステムのセイロジャパン

【活用事例】HandySCANを活用した金型製造ソリューション

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【活用事例】HandySCANを活用した金型製造ソリューション
セイロジャパンは、
 Cimatronによる製品設計/金型設計→  Moldex3Dによる樹脂流動解析→  HandySCAN3Dによる測定

というソリューションを提案いたします。

ここでは、この3つのシステムを連携した
 製品/金型設計 → ②樹脂流動解析 → スキャナーによる測定 → ④製品/金型設計修正 の流れをご紹介いたします。

HandySCANを活用した金型製造ソリューションのメリット:
      ◆ 3D形状全体の検査比較による測定精度の向上
    ◆ CADに基づいた測定の実現
    ◆ 検査レポートの自動化により、転記ミスの撲滅
    ◆ 測定時間の短縮による生産効率の向上
    ◆ 対外的品質保証のPRに有効




Cimatron を使い、製品設計および金型設計を行います。

 



Moldex3D を使い、樹脂流動解析を行います。




トライ後の製品を HandySCAN700 を使い測定を行います。

 


  (1)VXelements を使ってデータ化を行います。 

     VXelementsは、Creaformのソフトウェアプラットフォームであり、3Dスキャンニング、測定、データの比較検証を行う
     VXmodelとVXinspectを含むアプリケーションスイートです。

     計測されたデータは全てポリゴンメッシュデータとして活用出来ます。 
     従来の点群データ → ポリゴンデータ化の作業が不要となります。



  (2)VXmodel を使って測定データを活用します。 

    計測データから様々な、形状を認識させることが出来ます。

    1.必要なデータのみを選択し、不要なデータを削除します。 (座標作成)
    2.検具の基準位置で基準面を定義します。
     ※平面、円、円柱、円錐、点、線、断面、長穴、エッジ、ポリライン等々の作成が可能です。




  (3) VXinspect を使い、CADデータとの比較検証を行います。
     CADデータを活用することで、品質管理することが可能です。 

    1.計測データとCADデータをベストフィットにて合成を行います。    




   2.計測データとCADデータを基準面にて合成を行います。    



    3.計測データとCADデータの比較マッピングを行います。  


    4.比較マッピングした結果のエラー分布の確認及び良否判定の範囲設定が可能です。
  




    5.任意の位置をクリックすることで、CADデータとの誤差を表記します。



    6.指定位置で断面を作成し、CADデータとカラーマップ比較が出来ます。




  (4) CADデータとの比較検証を行います。測定結果はレポートとしてエクセル形式で出力されます。



 このシステムを利用するメリットは、
       3D形状全体の検査比較による測定精度の向上
    ◆ CADに基づいた測定の実現
    ◆ 検査レポートの自動化により、転記ミスの撲滅
    ◆ 測定時間の短縮による生産効率の向上
    ◆ 対外的品質保証のPRに有効

 などが挙げられます。


④ Cimatron を使い、製品設計および金型設計修正を行います。

⑤ Moldex3D を使い、樹脂流動解析を行い、修正効果を評価します。

             
             
             







【参考】ソフトウェア機能比較




 
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

各種お問い合わせ

CONTACT

お電話でのお問い合わせ

  • ◆関東営業所

    048-733-7011

  • ◆名古屋営業所

    052-819-4500

  • ◆大阪営業所

    06-6388-3311

  • ◆広島営業所

    082-292-1331