ものづくりITソリューションカンパニー CAD/CAM/CAEシステム

 

GO2cam 機能紹介

2D図形およびソリッドモデルからミーリング、穴加工のNCプログラム作成が可能です。工程自動作成機能を標準装備し、定型工程の作成作業の効率化が図れます。
3+2軸対応で、2D図形でもソリッドデータでも5面割り出し加工が可能です。
ソリッドモデルを使用した場合、クイックソリッド機能で3軸加工の加工面の抽出が容易に行えます。
NCプログラムの作成は、標準ポストプロセッサを装備、カスタマイズによるオリジナルのNCプログラム出力が可能です。同時5軸モジュールを追加することによって複雑な加工にも対応しています。

切取り - 切取り対象へ属性転送 色、ネジ、穴属性など
5面 加工  
複数面による切取り面延長
ソリッドの面から加工領域の抽出
切取りオブジェクト定義柔軟性
3Dミーリングによる曲面の加工

GO2camの旋盤機能は、2D CAD図形およびソリッドモデルから 旋盤加工工程を容易に作成できます。
豊富な加工パターンがあります。(外径、内径、端面、背面加工、穴明けなど。)
2スピンドル、9つの刃物台まで対応します。制御軸は、Z,X,Y,B,C軸に対応。
同期加工に対応し、スイス式旋盤にも対応可能です。旋削によるスクリューネジの加工も可能です。

大きく鮮明なインターフェイスは直観的にシステムを習得し易く、カスタマイズ性にも富み作業効率が考慮されています。
CAD 機能
大型アセンブリでの滑らかなZPR
旋盤ミーリング加工
各種高度な有限要素解析
同期加工

2D図形およびソリッドモデルからツールパス作成が可能です。
ストレートカット、テーパーカット、同時4軸加工に対応します。
V6.4からソリッドの面からワイヤカットのための輪郭を作成できるようになり、作業効率が向上しました。

ソリッドから形状抽出
ソリッドから形状抽出
同時4軸加工
同時4軸加工

ソリッドモデルの穴加工工程を自動化することでソリッドモデルからの効率化をはかることができます。お客様独自の穴あけ工程を作成可能です。
FTE機能を利用することで、CADの穴の仕様を読み取ることが可能です。またCSVファイル形式の穴情報を読み込むことで自動的に穴加工工程を作成することも可能です。

加工穴の定義
加工穴の定義
ソリッドの穴の解析
ソリッドの穴の解析
ツールパスを自動作成
ツールパスを自動作成

同一、あるいは異なるパーツを同じジグ上に配置し、最適な加工工程を作成します。
最適化機能により、パーツ間の最適化が可能です。工具優先、割り出し優先で加工順序を並べ替えることができます。

加工穴の定義
イケールへの加工物配置
ソリッドの穴の解析
機械シミュレーション対応
ツールパスを自動作成
加工工程の全体最適化

荒加工を高速で行います。切削面を一定に保つように最適化されたツールパスを作成します。工具寿命を延ばし、加工時間を短縮します。
切削面を一定するため、負荷の大きい部分ではZステップを自動的に発生させます。
切削領域を調整することが可能で、高速加工と通常のオフセットツールパスを組み合わせることができます。
Z移動を最小限に抑えることで、難削材を加工するのに適したツールパスが作成できます。

millYuGO 荒加工ツールパス
millYuGO 荒加工ツールパス
PAM 仕上げツールパス
PAM 仕上げツールパス

GO2camに付随しているSolidWorks用FTE変換マクロを実行することで、SolidWorksで定義されたデータとソリッド形状データがFTEファイルとして変換出力されます。
GO2cam側でこのファイルを取り込むことで、形状情報も入ってきます。この穴情報をもとにGO2camでは穴加工を行うことができます。



GO2camでパス作成後、ソリッドワークスでの設計変更があった場合、GO2camでFTE更新を行い、再実行ボタンをクリックすることで、変更された形状と穴情報に沿った
パスに修正されます。



この機能は3D加工でも有効です。SolidWorksで作成したモデルのFTEファイルを読み込み、モデルの配置およびオフセット面から領域加工で用いる輪郭図形を作成します。



素材を設定し、このモデルでは次の手順で加工パスを作成しました。

この後、SolidWorksでのモデルを下のように変更し、FTEファイルを出し直します。

各種お問い合わせ

CONTACT

お電話でのお問い合わせ

  • ◆関東営業所

    048-733-7011

  • ◆名古屋営業所

    052-819-4500

  • ◆大阪営業所

    06-6388-3311

  • ◆広島営業所

    082-292-1331