ものづくりITソリューションカンパニー CAD/CAM/CAEシステム

 

COMET 非接触3次元測定機



非接触3次元測定機

COMET

検査・リバースエンジニアリングに役立ちます

こんな悩みはありませんか?

  • done_all金型の検査において、従来の接触式では工数がかかり金型の確認及び修正の効率が上がらない
  • done_all2番型の製作に多くの工数が掛かっており、工期短縮ができないか
  • done_all試作品の検査及びn数検査をもっと効率良く出来ないか
  • done_all製品ごとに使用する検査治具の製作費用を削減したい


COMETのソリューション

 2 

2番型の製作工数を削減

量産に向けて玉成された金型を測定しCADデータに変換することで、2番型の製作工数を大幅削減することが可能です。

 3 

カラーマップ

試作品の良否判定をカラーマップに置き換え、判定工数の削減が可能です。

 4 

CADとの比較検査

CADとの比較検査が可能なため、検査治具の廃止ならびにコスト削減が可能です。





COMETの測定原理

カメラ式非接触測定システム

・測定物にプロジェクターより照射した縞模様をCCDカメラで撮影しながら、3次元形状を測定します。
・搭載したCCDカメラの画素一つ一つに測定点を持たせることで均一な品質の高い測定データを得る事が可能です。

付属の回転テーブルの上に測定対象物を載せるだけで、簡単に測定を開始可能で、測定者のスキルに依存することなく、高品質高精度な測定が可能です。




COMETの特長

1
マーカーレスで簡単測定
複数の測定データをマーカーレスで合わせ、煩わしいマーカーの添付や取り外し作業不要。
2
形状再現性
微小な表面の凹凸を測定し、表面異常を正確に捉え、不具合の早期発見に役立てます。
3
測定データ処理スピード
測定データのポリゴン変換時間を短時間で処理可能。
4
1台で多用途に活用可能
測定対象物のサイズ、精度に合わせレンズ交換で複数の測定スペックに交換可能。
5
黒・光沢ワークに強い
黒色・光沢ワークに対する高い測定パフォーマンス
6
測定者に優しい機能
振動・明るさ・温度等の測定精度に影響を与える外因をリアルタイムにモニタリング
ワークの表面状態に合わせて、瞬時に最適な測定パラメータを自動設定


COMETの仕様

COMET 5M



レンズ 45 75 100  250 500
測定範囲(mm3 45x38x30 74x62x45 118x98x60  255x211x140 481x404x250
点間距離 (μm) 18 30 48  105 196
焦点距離 (mm)     760
測定点数(pixels)     2448x2050
測定時間 (秒)     1.0

 

 

COMET 8M

 

レンズ 75 150 300 600
測定範囲(mm3 80x60x40 140x105x80 325x240x200 565x425x350
点間距離 (μm) 24 42 100 172
焦点距離 (mm)     760
測定点数(pixels)     3296x2472
測定時間 (秒)     2.4

 

 

 

COMET6 8M(ハイエンドモデル)



レンズ 80 150 250  400 700 1200
測定範囲(mm3 86x64x40 142x106x80 283x213x160 386x289x200 666x499x400 1216x912x600
点間距離 (μm) 26 43 86 117 202 369
焦点距離 (mm) 420 600 785 1400
測定点数(pixels)     3296x2472
測定時間 (秒)     1.0

 

COMET6 16M(ハイエンドモデル)



レンズ 80 150 250  400 700 1200
測定範囲(mm3 81x54x40 145x97x80 274x193x160 382x254x200 656x437x400 1235x823x600
点間距離 (μm) 16 30 56 78 134 252
焦点距離 (mm) 420 600 785 1400
測定点数(pixels)     4896x3264
測定時間 (秒)     1.2

 

検査ソフトウェア:spGauge

国内ユーザーのニーズを把握したCAD比較検査ソフト

三次元データのメリットを最大限に生かし、三次元CADデータと測定した点群との解析・寸法比較を行う次世代の検査ソフトウェアです。 spGaugeは三次元アプリケーション開発の国内トップメーカー・アルモニコスが、さまざまなユーザーニーズを取り込み“三次元ものづくり”を革新するために製品化した、新しい品検査支援ツールです。 三次元データのメリットを最大限に生かし、検査業務の自動化・効率化を目指します。

特長

・形状全体・部分を使用したベストフィット位置合わせ
・基準部位(平面・直線・穴位置など)を使用した位置合わせ
・CADデータと測定データまたは測定データ同士でのカラーマップ解析
・管理ポイント検査
・断面(二次元)形状での距離・角度
・半径寸法の評価 ・断面(二次元)形状でのさまざまな解析(複数断面を同時に評価)
・トリムエッジ(板止まり)・稜線部位の解析
・CADデータとの自動寸法比較
                         問題部位を可視化 → 的確な修正指示が可能

 

リバースエンジニアリングソフトウェア : spScan

測定データから3 次元CAD データで取り扱えるトリム面を作成

spScanは非接触測定データからNURBS曲面を作成するリバースエンジニアリングソフトです。
CAD/CAM/CAEに利用可能な品質を持った曲面を、短時間に作成(自動処理含む)することができます。

特長

1 :加工につなげるために平面/円筒面を優先定義    
2: CAD/CAM/CAEで編集可能な曲面境界線
3: 軽量データサイズ(最適次数&パッチ数)
4: 自由な曲面分割(トリム曲面対応)
5: 自動処理
  

 

◆弊社では、COMETによる3Dスキャンサービス、spScan等を用いたリバースエンジニアリングの受託サービスも行っています。
 詳細は3Dデータ作成サービスのページもご参照ください。

各種お問い合わせ

CONTACT

お電話でのお問い合わせ

  • ◆関東営業所

    048-733-7011

  • ◆名古屋営業所

    052-819-4500

  • ◆大阪営業所

    06-6388-3311

  • ◆広島営業所

    082-292-1331