ものづくりITソリューションカンパニー CAD/CAM/CAEシステム

 
製造向けCAD/CAM/CAEシステムのセイロジャパン > メディア > 導入事例 > 【活用例】HandySCAN3D > イタニアルミ株式会社様【中子リバース事例】

【活用事例】HandySCAN 700 スキャン事例│製造業向けCAD/CAM/CAEシステムのセイロジャパン

イタニアルミ株式会社様【中子リバース事例】

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
イタニアルミ株式会社様【中子リバース事例】
お客様の御好意により、リバースエンジニアリングの事例を公開させて頂きます。

老朽化した中子型を HandySCAN 700 でスキャンし、Geomagic DesignX でリバース作業を行い、Cimatron でモデルデータおよびNCデータを作成し、2個取りシェル金型を完成しました。


画像は、老朽化した中子型(シェル中子型)です。



① HandySCAN 700 でスキャンしました。(STLデータ化)

 

② スキャンしたSTLデータを Geomagic DesignX に取り込み、リバース作業を行います。


    読み込んだスキャンデータを要素ごとに分割し、要素ごとにサーフェスを作成します。
  作業時間は30分でした。

  読み込んだスキャンデータを要素ごとに分割します。
  ポリゴンの曲率により平面、円柱、回転などに自動で分割されます。

    

  回転ウィザードは回転形状の自動作成機能です。
  作成したい形状の領域を指定すると、自動的にサーフェスが作成されます。




  スイープサーフェスを作成します。
  先ほど作成した2つのスケッチを指定します。




③ サーフェイスが完成しました。






④ 偏差確認も行えます。

スキャンデータと作成したサーフェスデータとの偏差をカラーマップで確認することができます。
    許容範囲内の場合は緑で表示されます。下記の画像は許容値±0.1mmに設定した状態です。






⑤ その後、IGESデータ化を行い、Cimatron に取り込みました。






⑥ 3Dモデルデータを作成し、1個取りデータから2個取りデータへ変更しました。






Cimatron でNCデータを作成し、2個取りシェル金型が完成しました。





⑧ 中子が完成しました。






  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ

カテゴリ全てを表示

各種お問い合わせ

CONTACT

お電話でのお問い合わせ

  • ◆関東営業所

    048-733-7011

  • ◆名古屋営業所

    052-819-4500

  • ◆大阪営業所

    06-6388-3311

  • ◆広島営業所

    082-292-1331