ものづくりITソリューションカンパニー CAD/CAM/CAEシステム

 
製造向けCAD/CAM/CAEシステムのセイロジャパン > 課題一覧ページ > NCSIMUL_NCデータのミスによる品質不良や事故を回避したい

NCデータのミスによる品質不良や事故を回避したい

 

加工現場を訪問すると、以下のような課題をよく耳にします。

・CAMや手打ちのNCプログラムに不安がある。
・機械干渉の経験がある。
・クランプ、工具を損傷させた経験がある。
・精度の不具合で再加工した経験がある。
・設計と現場のコミュニケーションに問題がある。

どの加工現場でも、機械干渉や工具損傷を回避することが大きな課題となっています。



実際の加工の前に、NCSIMULを使って加工プログラムの検証を行うことを推奨します。NCSIMULは、NCプログラムを3段階で検証します。

• PC上で切削シミュレーションをすることで、機械の稼働率を上げます。
• 機械や工具、クランプの干渉箇所がすぐに分かります。
• 作業者のペースでシミュレーションを行えます。
• 3Dのビューワで現場とのコミュニケーションが向上します。
• 最適化の機能により加工時間、工具寿命加工品質を改善します。



• Gコードと機械マクロの読解及び切削シミュレーションが行えます。
  • シミュレーション前に、工具軌跡の表示やエラー検出が行えます。
  • 3Dウィンドウ、プログラムウィンドウ、情報ウィンドウが相互にリンクしています。
  • NCSIMUL独自の3Dグラフィック技術により、機械動作と切削形状の確認ができます。また、シミュレーション中に拡大などの画面操作もスムーズに行えます。
  • 複数チャネルなどの複雑な機械にも対応しています。
  • 1つの画面で、シミュレーションに必用な全ての情報を見渡すことができます。





各種お問い合わせ

CONTACT

お電話でのお問い合わせ

  • ◆関東営業所

    048-733-7011

  • ◆名古屋営業所

    052-819-4500

  • ◆大阪営業所

    06-6388-3311

  • ◆広島営業所

    082-292-1331