ものづくりITソリューションカンパニー CAD/CAM/CAEシステム

 
製造向けCAD/CAM/CAEシステムのセイロジャパン > 自動車業界の課題とソリューション

自動車業界の課題とソリューション

自動車業界の課題とソリューションを、職種別にご紹介いたします。皆様の課題を解決するヒントがきっと見つかります。


試作・モデル製作メーカーの課題

穴を埋める、エッジを延ばす等の面作業に時間がかかる。

ソリューション

CimatronのCAD機能にはハイブリッド、サーフェスに適した機能があります。
穴を埋める、エッジを延ばす等のサーフェス作業を短時間で完了するコマンドがあります。(トリム面の直接編集、クローズドギャップ、キャップアイランド等)

金型製作の納期を削減し、コストを削減したい。
そのためにモデリング、設計、NC計算などトータルでの短納期化が必要です。

ソリューション

Cimatronは単独のCAD/CAMとしての機能だけではなく、コンカレントエンジニアリングに対応した機能を有しています。複数担当者による関連ファイルの同時作業を可能にする事により、大幅な納期短縮が可能になります。

従来の2DCAMの運用から3Dデータを活用した効率的な金型ベース加工ができていません。
既存の3Dデータを活用した効果的な金型ベース加工を行うため、現行の2DCAMシステム運用の
作業効率を超えた3Dシステムが必要です。

ソリューション

GO2camを導入することで、フィーチャー認識による穴加工と、登録された加工定義を使った面加工やポケット加工が可能になります。 こうして金型ベース加工(荒加工から仕上げ加工まで)をより高効率で安全に行う事が可能です。

3D設計だと、データが重くなり作業効率が悪くなります。
モデルが大きかったり、要素数が多い場合、あるいは履歴が多くなると重くなり、作業性が落ちてしまいます。

ソリューション

Cimatronは、基本性能として高いパフォーマンスを保有しており、複雑なものでも3D設計が効率的に実施できます。他社システムが、非パラメトリック、ノンヒストリーで対応していることが多い中で、Cimatornは、履歴、パラメータを持ちつつ、大容量のワークでも、軽い操作性を実現しています。

プレス製品の見積の為にはブランクの検討と工程数の検討が必要であり、
受注に結びつかない案件に対しても多くの見積時間が掛かってしまう事が課題です。

ソリューション

Cimatronの工程設計と連動したストリップレイアウト設計機能により、ブランク形状の検討や工程設計を素早く行うことができます。また、ひずみ解析を用いた工程設計が可能であると共に、後からの工程追加や変更にも柔軟に対応でき、素早い見積り作成が可能です。

スプリングバック変形を見越した金型製作によりトライ回数の削減をしたい。

ソリューション

CimatronとP-Form解析ソフトの連携により、スプリングバック変形を予測した金型製作を効率的に行うことが可能です。 Cimatronは、プレス設計専用ツールを有し、ブランク展開や部分展開が容易です。 また順送設計用には、ストリップレイアウト機能や、スプリングバックを補正するスプリングバック変形機能があります。

多方向に多種の穴がある場合など、加工までに多くの手間が掛かってしまうCAM作業を効率化したい。

ソリューション

Cimatronには自動ドリル機能があり、3D設計後、予め登録されたパターン基づき自動で穴軌跡を作成できます。                                             

Zが深い加工等、工具別に領域を分割した際、アプローチ、リクラクト、
及び早送りの無駄なパスが発生してしまいます。

ソリューション

Cimatronは、単にパスを分割する手法ではなく、ストック形状と工具形状を先に認識させることにより、無駄なパスが発生しません。

上型、下型、入れ子の仕分け作業、及びその検証に時間がかかり、困っています。

ソリューション

Cimatronには型分割専用ツールがあり、上型、下型のみでなく、中子やスライダー等、複数方向のアンダー箇所を同時にグラフィカルに判断できます。

2Dや3Dのデータを同じ画面で扱う事ができ、3Dのシステムであっても2Dの作業性の軽さや速さを犠牲にすることなく、効率的に2DデータをCAM処理したい。 3Dの多くの利点を活用できる立ち上がりの早い2.5軸加工に強いハイブリッドなCAMシステムがほしい。

ソリューション

GO2camシステムではこの国内で今後も重視される2Dデータをそのまま有効活用できることはもちろん、さらに、同じ加工DBと操作プロセスを共有しながら、3Dソリッドデータ活用による精密加工も実現します。  また、3D素材の上に2Dの穴位置データを重ねた効果的な多数個穴加工も可能です。 

加工シミュレーションだけではなく、加工条件の最適化を行い、効率の良い実加工を行いたい。

ソリューション

NCSIMULは通常の加工シミュレーション(干渉、加工残り)の他に、素材と工具の情報及び工具の加工経路からその加工における最適なF値を抽出する事ができます。 専用の切削データベースをカスタマイズする事により、F値、S値をコントロールする事も可能です。

その他のソリューションを見る

各種お問い合わせ

CONTACT

お電話でのお問い合わせ

  • ◆関東営業所

    048-733-7011

  • ◆名古屋営業所

    052-819-4500

  • ◆大阪営業所

    06-6388-3311

  • ◆広島営業所

    082-292-1331