ものづくりITソリューションカンパニー CAD/CAM/CAEシステム

 
製造向けCAD/CAM/CAEシステムのセイロジャパン > 建機・産機業界の課題とソリューション

建機・産機業界の課題とソリューション

建機・産機業界の課題とソリューションを、職種別にご紹介いたします。皆様の課題を解決するヒントがきっと見つかります。


重電機・発電機メーカーの課題

過去の自社専用開発CAMシステムの維持、機能アップへの費用増大のため市販の汎用CAMシステムにダウンサイジングしたい。

ソリューション

GO2cam導入により、自社専用CAMシステムの置き換えを短期間で実現。 
これまでの専用システムの持つ機能性と操作性を落とすことなく、新たな機能として複合機械や3Dデータの対応を実現します。
また複雑で高度なポストプロセッサー仕様の作成課題も綿密な打ち合わせを通して解決します。これにより従来の専用機と同じく加工定義データベースを駆使した工程登録機能(オペレーションリスト)の有効活用とあいまって、今では加工経験のない新人や女性が早く楽に加工プログラムを作成、この加工プログラムを加工現場で従来システムと遜色なく効果的に利用運用され、CAM専用システムのダウンサイジングという課題を見事に成功させました。

複合旋盤から同時5軸まで、様々な加工対象に対して、無駄な動きの無い加工パスを作成したい。

ソリューション

GOcamは発電設備やプラント設備の配管の溶接開先加工にも使用されており、手作業にて行っていた加工をGO2camで無駄のない高効率な加工と精度向上を実現しました。部分的に3D加工対応出来ることにより、取引拡大にもつながっております。

社内の生産部門でデジタル化が遅れている機械加工課でCAM化を推進して、加工プログラム作成のベテラン専任担当の経験値を継承のため標準化して、若手への継承および設計部門の3Dデータを有効活用したい。

ソリューション

ソリッドデータ(部品、素材、治具)を画面内でイケールに取りつけ加工データを作成する効果的な運用を実現。 またベテランの加工プログラム作成の工程も工程登録機能(オペレーションリスト)にて登録して見える化を実現。今では若手のオペレーターが設計部署の3Dデータを有効活用して見事にCAM化を実現させて、ベテランによる属人的な加工プログラム作成作業をデジタル化し平準化している。

従来の2DCAMの運用から3Dデータを活用した効率的な金型ベース加工ができていません。
既存の3Dデータを活用した効果的な金型ベース加工を行うため、現行の2DCAMシステム運用の
作業効率を超えた3Dシステムが必要です。

ソリューション

GO2camを導入することで、フィーチャー認識による穴加工と、登録された加工定義を使った面加工やポケット加工が可能になります。 こうして金型ベース加工(荒加工から仕上げ加工まで)をより高効率で安全に行う事が可能です。

3D設計だと、データが重くなり作業効率が悪くなります。
モデルが大きかったり、要素数が多い場合、あるいは履歴が多くなると重くなり、作業性が落ちてしまいます。

ソリューション

Cimatronは、基本性能として高いパフォーマンスを保有しており、複雑なものでも3D設計が効率的に実施できます。他社システムが、非パラメトリック、ノンヒストリーで対応していることが多い中で、Cimatornは、履歴、パラメータを持ちつつ、大容量のワークでも、軽い操作性を実現しています。

CAD・CAMのオペレーターの育成に時間が掛かり、後継者育成が課題になっている。
必要な機能は落とす事無く、簡素化した操作で高い運用結果を得る事ができるCAD/CAMシステムが必要である

ソリューション

CimatronのCAD作業では手間の掛かる穴埋めや面の延長作業を専用機能により簡単に行う事ができ、CAM作業では独自のテンプレート機能と属性認識機能により、複雑な加工工程も半自動的に工程と条件設定を行う事が可能になっています。

効率化の為にはオリジナルのカタログが必要である。
メーカーに作成を依頼するのではなく、ユーザーサイドで簡単にカタログ作成ができ、独自の有用が可能な型設計CADが必要です。

ソリューション

Cimatronは単純なパーツ形状だけではなく、複雑な構成と属性を持ったカタログパーツの作成がユーザーサイドでも可能です。
専用のツールを必要とせず、基本的なCAD機能のみでオリジナルのパーツを作成する事が可能です。カタログ作成のための講習も行っております。

自社開発CAMの置き換えに他社製CAMを導入したが、思うような効果が上がらず、操作性を極めた自社開発ソフトの置き換えを検討している。
確立された加工パターンを再現し、蓄積したり、工場間で加工パターンを共有したい。

ソリューション

GO2camは専用マクロとして、「タップ分類マクロ」、「指示書作成マクロ」等を作成します。これによりCAM作業の効率化を図ると共に、「オペレーションリスト」で社内のノウハウを蓄積・共有化する事が出来ます。

勘および暗黙知としての伝承ではなくシステムを利用して短期間に形式知として後継に伝えす仕組みを作りたい。
また加工中の動作や加工形状確認したい。

ソリューション

欧州でも現在、団塊の世代の引退という課題が深刻になっています。
勘および暗黙知としての伝承ではなくシステムを利用して短期間に形式知として後継に伝える取り組みがなされています。
SPRING社でもそれに貢献できる仕組みを「NCエクスペリエンス」として提案しています。
さらにNCSIMULには、ビューワーファイル出力機能があります。
フリーで閲覧可能なプレーヤーも提供されており、現場でのコミュニケーションツールとして活用できます。
このビューワーでは、NCSIMUL本体での画面操作そのままにシミュレーション結果の確認を計測機能付きで行えます。
更にこのビューワー機能とオプションのシミュレーションレポート機能を連携させ、NC機械の停止時に行う作業指示をシミュレーションレポートから必要に応じて指示できるようになりました。
これにより現場の経験の浅いメンバーでもその指示に従い、加工の合間に段取り替えを行ったり、計測を行ったりという割り込み作業が行えます。
またFANUCの最新コントローラに対しては、このビューワーのシミュレーション動作を実機の加工動作と同期して表示することも可能です。
実機で停止命令が出た際に、作業指示なのか警告による停止なのかの判別も含めて、的確な判断が出来るように工夫されています。
これは、SPRING社がFANUC社とおよびタブレット端末のPanasonic社と提携することで実現しました。
今後は、対応するNCコントローラも増やす予定です。

社内の生産部門でデジタル化が遅れている機械加工課でCAM化を推進して、加工プログラム作成のベテラン専任担当の経験値を継承のため標準化して、若手への継承および設計部門の3Dデータを有効活用したい。

ソリューション

ソリッドデータ(部品、素材、治具)を画面内でイケールに取りつけ、加工データを作成する効果的な運用を実現します。 
またベテランの加工プログラム作成の工程も工程登録機能(オペレーションリスト)にて登録して見える化を実現できます。
今では若手のオペレーターが設計部署の3Dデータを有効活用して見事にCAM化を実現させ、ベテランによる属人的な加工プログラム作成作業をデジタル化し平準化しています。
 

CAMを新たに設備したいが、使用する工具本数が数百から数千本と多く、CAMに登録する作業が大変。
多数の工具をEXCELにて登録してあるが、これを使って瞬時にCAMのデータベースへ登録したい。またEXCELで今後も管理したい。工具の一括管理と工具コストの削減は可能ですか?

ソリューション

CAMの初期設定やCAM運用上での多数工具の登録および管理には、従来のCAMでは膨大な作業が発生し、CAMの立上げ段階での阻害要因のひとつとなっていました。 
このためGO2camでは標準で工具DB作成のためのユーティリティーを提供しています。これにより、お持ちのEXCELのツールリストがあれば、簡単にGO2camへの取り込みができます。
たとえ数千本であってもEXCELから簡単な操作でGO2cam工具データベースに取り込みができるため、社内での工具管理が容易になります。
 

加工シミュレーションだけではなく、加工条件の最適化を行い、効率の良い実加工を行いたい。

ソリューション

NCSIMULは通常の加工シミュレーション(干渉、加工残り)の他に、素材と工具の情報及び工具の加工経路からその加工における最適なF値を抽出する事ができます。 専用の切削データベースをカスタマイズする事により、F値、S値をコントロールする事も可能です。

その他のソリューションを見る

各種お問い合わせ

CONTACT

お電話でのお問い合わせ

  • ◆関東営業所

    048-733-7011

  • ◆名古屋営業所

    052-819-4500

  • ◆大阪営業所

    06-6388-3311

  • ◆広島営業所

    082-292-1331