HOME > 製品一覧その他製品一覧三次元測定機 COMET

製品検査ツール・リバースエンジニアリングツールを利用した品質管理

 

 titlecomet.jpg

 

 グローバルな競争の中で、ますます厳しさを増すものづくりの環境において、品質の早期確保、リードタイムの短縮がクローズアップされています。
セイロジャパンと東京貿易テクノシステムは、ものづくりの各工程に3 次元のメリットをお客様に提供し、生産効率の向上をサポートいたします。 
3 次元CAD データを利用した製品検査ツール、製品データより3 次元 CAD データにフィードバックを可能とするリバースエンジニアリングツールを利用し、3次元CAD データを正とし、製品の仕上がりを工程内/ 工程間で把握することにより、設計/ 金型/ 成形/ 製造の各フローに正確な情報をフィードバックすることが可能になります。

 
 

CimatronECOMET の連携によるトライ回数の削減、2 番型の製作に威力を発揮

comet02.jpg

非接触三次元形状測定機

 arr03.jpg  光沢・加工面でもスプレー不要で測定 ハイコストパフォーマンス COMET L3D

表面形状を三次元座標値を持った高密度大量点群データとして出力するシステムです。
光沢面へのパフォーマンスが高く、ターゲットシールなしで高精度にデータを合成します。
レンズ交換するだけの簡単な作業で、測定エリアの変更が可能
多様なロータリーテーブル、XYロータリーテーブル(オプション)との組合せで自動測定が可能
ターゲット・シールを使わずショットの合成を行うオートフリーマッチング・テクノロジー搭載
高速測定:1.5秒/ショット(2Mシステム)、2秒/ショット(5Mシステム)、1.7秒/ショット (8Mシステム)
200万画素、500万画素、800万画素CCD採用

 

 

comet01.jpg  

 

<製品の紹介・特長>

・低価格実現
・新開発「独自のブルーLEDテクノロジー」採用
・業界最高品質・最高精度・最高測定速度
・800/500/200万画素CCD採用(3機種)
・ショットの繋ぎ合わせにターゲットシールを使用しない
・独自のフリーマッチング機能(測定形状繋ぎ合わせ機能)

 

 

  COMET L3D 8M

 comet04.jpg

 

 

  COMET L3D 5M 

 comet05.jpg

 

 

 COMET L3D 2M 

 comet06.jpg

 

 

検査ソフトウェア

arr03.jpg 国内ユーザーのニーズを把握したCAD比較検査ソフト: spGauge

三次元データのメリットを最大限に生かし、三次元CADデータと測定した点群との解析・寸法比較を行う次世代の検査ソフトウェアです。

spGaugeは三次元アプリケーション開発の国内トップメーカー・アルモニコスが、さまざまなユーザーニーズを取り込み“三次元ものづくり”を革新するために製品化した、新しい製品検査支援ツールです。

三次元データのメリットを最大限に生かし、検査業務の自動化・効率化を目指します。

 

comet03.jpg  

 

<製品の紹介・特長>

・形状全体・部分を使用したベストフィット位置合わせ
・基準部位(平面・直線・穴位置など)を使用した位置合わせ
・CADデータと測定データまたは測定データ同士でのカラーマップ解析
・管理ポイント検査
・断面(二次元)形状での距離・角度・半径寸法の評価
・断面(二次元)形状でのさまざまな解析(複数断面を同時に評価)
・トリムエッジ(板止まり)・稜線部位の解析
・CADデータとの自動寸法比較

  

リバースエンジニアリングソフトウェア 

arr03.jpg 測定データから3 次元CAD データで取り扱えるトリム面を作成 : spScan

spScanは非接触測定データからNURBS曲面を作成するリバースエンジニアリングソフトです。
CAD/CAM/CAEに利用可能な品質を持った曲面を、短時間に作成(自動処理含む)することができます。 

 

 

<目的>

Ⅰ金型測定 & リバース

  1:量産用マスターデータの作成  

    金型測定データから金型CADデータを作成

     (部分リバース)

  2:Copy型データの作成

 

Ⅱ 製品測定 & リバース

  1: 試作製品の解析&CADフィードバック   

    干渉(嵌合)等の設計検討用簡易面作成   

    強度/振動/流体等の各種シミュレーション

  2:完全同一製品(過去製品)加工データ作成

  3:他社製品解析 (機能部品)

 

 <製品の紹介・特長>

 1 :加工につなげるために平面/円筒面を優先定義
 2: CAD/CAM/CAEで編集可能な曲面境界線
 3: 軽量データサイズ(最適次数&パッチ数)
 4: 自由な曲面分割(トリム曲面対応)
 5: 自動処理

 

spscan01.jpg  

 

測定機で製品形状をスキャニングします。
spscan02.jpg  

 

測定データを曲率により自動的にグループ分割します。
spscan03.jpg  

 

境界線を編集し、CADで取り扱えるトリム面にします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 お問い合わせ電話:◆関東営業所 048-733-7011 ◆名古屋営業所 052-819-4500
          ◆大阪営業所 06-6388-3311 ◆広島営業所    082-292-1331
 

 

 Webでのご相談・お問い合わせは下の「お問い合わせ」ボタンからお問い合わせください。

 

 

 

 

お問い合わせ