zw3dtitle.jpg

 


ZW3Dは、ものづくりに携わる企業様向けの “低コストの3次元デジタルツール”です。
製品設計や樹脂、プレス金型、など製造設計、試作や金型、部品などの加工を行われている業務で広く使われ、強力に力を発揮します。
また3次元データの普及に伴い、ビューワーやコミュニケーションツールとして製品企画や営業、販売、測定や検証などの場面でも利用されます。

 ZW3D Standard: 主な機能

ZW3Dスタンダードは製品設計者のための構成です。

ワイヤーフレーム・サーフェス・ソリッドを3D空間内に自由にモデリングし様々な製品の開発を強力にサポートします。
アセンブリ機能、 ヒーリング機能、レンダリング機能、シートメタル機能、図面作成機能が含まれています。

一般的な中間フォーマットでのデータ入出力および特定CADのネイティブデータのインポートも標準搭載しています。
また、ハンドメイドのモデルや古い金型をスキャンし、デジタルデータとして複製できる、リバースエンジニアリングに必要な点群の取り込み、サーフェス作成を含みます。

 

ZW01.jpg
 

 maru.jpg 高度なモデリング機能

  ・ワイヤー、サーフェス、ソリッドを統合したハイブリッド機能により、設計の負担を軽減
  ・「モーフィング」による形状変形機能と高度なサーフェス機能により、自由で洗練されたサーフェスを作成

 

 maru.jpg 独自のテクノロジーによる大規模アセンブリを軽快にサポート

  ・ダイナミック移動による干渉チェックやアニメーションの作成が可能
  ・代替コンポーネント機能やコンポーネント毎の表示設定が可能

 

 maru.jpg アセンブリや個々のパーツをすばやく2次元図面に展開

  ・3Dモデルを投影し、寸法やBOMを容易に作成
  ・2次元投影図から正確な断面図を作成

 

 maru.jpg 中間フォーマットのインポート/エクスポートおよびネイティブデータのダイレクトインポート

  ・中間フォーマット : IGES、Parasolid、STEP、DXF、DWG、STL
  ・ネイティブデータ : CATIAv4、CATIAv5、NX、Pro/E、Solidworks、Inventor、SAT

 

 maru.jpg 外部データのインポートによる形状チェックとヒーリング機能

  ・トポロジ分析による自動修復およびエッジ縫合、欠落フェース修復

 

 maru.jpg 点群からの曲面作成

  ・CSVなどから点群データのインポート
  ・点群からNURBS曲面の作成

 

 

 

ZW3D Standard: 標準データ変換

 
 
maru.jpg インポート               maru.jpg エクスポート  

・CATIA V4
・CATIA V5
・CATIA V6
・Unigraphics/NX
・Creo/ProE
・SolidWorks
・SolidEdge
・Inventor
・Parasolid
・STEP
・IGES

・ACIS
・DWG/DXF  
・STL
・VRML
・CGR
・3DXML
・VRML

・画像

・点群

・JT

ZW03.jpg ・CATIA V4
・CATIA V5
・Parasolid
・STEP
・IGES
・ACIS
・DWG/DXF
・STL
・VRML
・画像
・動画
・JT

 

 

 
 
 
 
 

 
 お問い合わせ電話:◆関東営業所 048-733-7011 ◆名古屋営業所 052-819-4500
          ◆大阪営業所 06-6388-3311 ◆広島営業所    082-292-1331
 

 
Webでのご相談・お問い合わせは下の「お問い合わせ」ボタンからお問い合わせください。

 

 

 

お問い合わせ